バス レンタル利用で注意したいこと

もしもバス レンタルを使うとなったとき、少しだけ注意してほしいところがあります。
それは、長時間の利用は避けると言うことです。

バスの利用については、8時間以内を心がけることが大切となります。
実は、この時間を超えて利用することで、運転手の交代が必要となります。
乗務時間が9時間以上、または走行距離が400から500キロを超えた場合です。

また、運転手は車庫を出てから戻るまでの時間が13時間から16時間を超える場合には仮眠が必要となるのです。
この場合における宿泊施設の負担は利用者がすることになりますから、格安での利用も難しくなってきます。

それから、運転手の1回の連続運転に関しては、4時間を超えると30分以上の休憩が必要となってしまうからです。

バス レンタルにおいて、この辺りについては、しっかいと考慮しながら続けることが大切となります。
前もってこうしたことが分かっていれば、それに合わせたスケジュールを組むことができるはずです。
何も知らないで、長時間に渡るスケジュールを組んでしまって料金が高くなってしまったということも十分にあり得ます。

ドライバーもやはり人間ですから、料金のことはもちろんですが、その辺りのこともしっかりと考えた上で利用をするといいでしょう。

NEW TOPICS

2017年01月19日
ホームページを更新しました。